吉祥寺週3ベーカリー「2PaPas sometimes a girl」は営業終了。調布市で「MUCHAMIの小さなパン教室」を行う。不定期のパンイベント(押上・ししまる食堂、両国・青空市ヤッチャバなど)では、パン教室Atelier Rとのコラボベーカリー「Ra+Ra BAKERY(ララベーカリー)」の名で活動中。

by 2papas_girl

<   2013年 07月 ( 7 )   > この月の画像一覧

7月の月1イベント終了。

吉祥寺でのマーケット、押上でのカフェともに今月は初めて来ていただいた方も多く、嬉しかったです。
いつも来てくださる皆さまにもとっても励まされています。ありがとうございます!
次回は9月になりますが、変わらず今後も第3週末の土日を予定していますのでどうぞよろしくお願いします。確定したらまたここでお知らせしていきます。

7月のカフェランチメニューはこちらでした↓
a0218851_1245035.jpg
夏野菜のキーマカレー 温卵のせ

a0218851_1291331.jpg
グリーン野菜とペンネのバジル香るクリームスープ(自家製パン付き)

スープランチにつけるパンは毎回違うのですが、今回付けたかぼちゃとナッツのカンパーニュが好評だったので、次回はマーケットでも用意してみたいと思います。スープランチの方は9月もこのメニューでやる予定。食べ損ねた方はぜひ次回!

ドリンクも密かにこだわっているのですが今回はマンゴーラッシー、桃ラッシー、梅酢サイダー、はちみつレモンスカッシュ、コーヒーフロート…と夏らしいオリジナルドリンクが沢山ありました♪9月もまだ暑そうなので次回も出すのではないかなー思います。お試しください。

しばらく月1イベントは空きますが私はパン教室&おやつ教室…と夏旅、夏遊びを楽しみます。
皆さま夏バテしないように!
[PR]
by 2papas_girl | 2013-07-23 12:17
本日は月1マーケットです!吉祥寺2PaPasでお待ちしています。
本日のパン達(一部です)。
来月はお休みなのでぜひ足をお運びください!
ケークサレも久しぶりにありますよー。
a0218851_10234135.jpg

[PR]
by 2papas_girl | 2013-07-20 10:24

マフィン教室

木曜日は随時開講しているマフィン教室でした。
2PaPas sometimes a girlの頃から変わらず唯一お店で毎回出しているメニューです。
まだカフェをやるなんて考えてもいなかったときに出会った大好きなお店の、素敵な店主さんに教えてもらったレシピです。少しずつ自分でアレンジしたりして来ましたが、なんだか時の流れと人の繋がりをふと想ってしまうお菓子です。
この日もかれこれ16年の付き合いの友達が職場の方と来てくれました。楽しんでくれたみたいで嬉しい♪
まだ告知していませんでしたが、8月は月1カフェ&マーケットがお休みです。その分、パン教室(過去のメニューでも)、マフィン教室、酵母スコーン教室(近々スタート)などやっていきます。興味のある方は随時問い合わせてくださいね!(基本的には直接お店で話してくれた方に向けて開講しています)

来週末は月1イベントです!!
a0218851_15182168.jpg

[PR]
by 2papas_girl | 2013-07-13 15:18

MUCHAMIの小さなパン教室

友達やお客様限定でひっそりとやっているパン教室。メニューは毎月バターと卵不使用の白神こだま酵母のパン。先月のシナモンロールは延長して昨日まで開講していました。
お店に食べに来たり買いに来ていただくのももちろん嬉しいですが、自分自身でつくったパンに感動している顔を身近で見るものまた嬉しいものです♪
次回(今月)は2種のレーズンとくるみのカンパーニュ。いつもイベント情報のメール配信希望の方にはパン教室に関してもメールでお知らせしていましたが、教室のメニューはこちらに載せていきます。1回限りの参加も可能ですので興味がある方はその都度メールで問い合わせてくださいね。
a0218851_112942.jpg

[PR]
by 2papas_girl | 2013-07-05 11:02

ブックレビュー7

パーク・ライフ/吉田修一著

 本書について語るのは難しい。何か事件が起こるわけでも、愛や憎しみといった強い感情が渦巻いているわけでもない。ただ、何も起こらないようで何かが起こっている、ような気がする、といった極めて微小な予感めいた波動が静かに全身を伝ってくる。極めて微小なのにそれが体を突き抜けた後にはなぜかしら確固たる清々しさと希望のようなものさえ残る。大変まどろっこしいが、そんな作品と言っておこうか。

 この、説明すると「ような」のオンパレードになってしまう作品にきちんと現実感が伴い、それゆえの説得力があるのは著者特有のひんやりとした現代的センスのせいだろう。男女が言葉を交わしたきっかけの臓器移植ネットワークの広告、本来の主不在の部屋で寝泊まりする男、中が空洞のアンティークの人体模型、ネット上で世界を旅する「ぼくの分身」、スターバックスの女性客がみんな自分に見えると言う女。

 私たちはばらばらに生きている。自分の体と心も、見えているものと実際見ているものも、私の世界とあなたの世界も、ばらばらに。

 本書を携えて日比谷公園に行ってみてほしい。作品と地続きになったこの場所の心字池を見下ろすベンチから園内をぼんやり眺めていると、ミニチュアサイズと化した自分を取り巻く世界を他人の目で傍観しているような不思議な感覚に陥るだろう。見えるものは多分ばらばらだけど、各々に見えて来るものがきっとある。〈A〉
[PR]
by 2papas_girl | 2013-07-04 09:32 |
昨日は7月の月1イベントの打合せで1日吉祥寺まわり。
今回はフライヤーに引換券をつけました。焼き菓子のおまけプレゼント企画を実施します。
見つけたらマーケット当日まで取っておいてくださいね!
以下のお店に置いてもらっています。
個人的に好きな吉祥寺の素敵なお店ばかりなのでぜひお立ち寄りください♪
(先月のイベント時には間に合わなかったのでその時お渡しした引換券なしのフライヤーをお持ちの方、このblogのフライヤー画像をお見せいただいた方もプレゼント大丈夫です!)

百年(古本屋)

にじ画廊(ギャラリー/ショップ)

A.K.Labo(パティスリー/カフェ/ギャラリー)

トムズボックス(絵本専門店/ギャラリー)

グルッぺ(自然食品店)
a0218851_16595258.jpg


余談ですが、打合せ場所は毎回気になるパンカフェに行っています。
今回は吉祥寺という事でMUSUIさん。
朝7時から営業なんて素晴らしい。涼ちゃんと二人でモーニングをいただきました。
スペルト小麦を使っているらしくかなりハードめでしっかりと粉の味を感じるパン達でした。
こういうパンも美味しい!毎回打合せも楽しんでいます(笑)。
ちなみに今月の月1カフェでは私達もこういったパン&ディップ&ドリンクセットもご用意します。
(ランチもとてもおすすめなのですが)ランチを逃してしまった方、小腹がすいた時間にどうぞご利用ください!
a0218851_1713631.jpg

[PR]
by 2papas_girl | 2013-07-02 17:13

ブックレビュー6

蒼いみち/小澤征良著

 すっと世界の扉が開く清々しさ。ばらばらに点在していた何かが弧を描いて浮かび上がるまばゆさ。(偉大な音楽家を父に持つ著者らしく)一つの音楽が流れるように、成長と自由の物語は時にリズミカルに、時に滑らかに奏でられる。

 アパレル関係の会社で働く励奈はどちらかというと優等生のごく普通の女の子だが、心の奥の方にはでいつも小さな違和感を抱えて過ごしている。「まわりの人たちが進んでいるのに、蠢く世界のなかで自分だけが止まってしまったような」「自分が存在していると思い込んでいるのは私だけで、実は自分はここに存在していないかのような」感覚。世界と自分との間にある、見えない膜のような存在に対するある種の執着心は自由への渇望に他ならない。自由であることは世界に向けて自分が「開かれている」ことだ。

 ここでは間違ってかけた一本の電話が、決して直接的ではなく巡り巡って彼女の未来を動かす要因となる。ばらばらの断片を繋ぐきっかけはなんて唐突に現れるのだろう。近しい誰かや何かとの直接的な関係の中からだけではなく、他人の残したものや実際には振れられない本の中の世界ともこうやって関係していける。それはとても希望に満ちた、豊かなことだ。私達はいま、ちゃんと「開かれて」いるだろうか。〈A〉
[PR]
by 2papas_girl | 2013-07-01 22:10 |